電話占いの興味深さ

先人という者ほど有り難い存在はありません。


なぜなら沢山の教訓になる言葉を残してくれるからです。例えば当たるも八卦、当たらぬも八卦という言葉ですね。

これは八卦という言葉が占いと同じ意味と知れば大体ことわわざの意味は予想は出来るかと思いますが、要は占いは当たる事も外れる事もあるから真に受けるなという事です。

占いに関する情報を参考にしてみてはいかがでしょうか。

この諺を知ってからは占われる過程を楽しむのが占いの本質であると私は考えるようになりました。

実際、昔のバラエティ番組では沢山の占い師を招いて近々当たり外れがわかる事柄を予想してもらうと企画を行っていたのですが、その出演している占い師の占い方が他の方のかぶらないようにというアイデンティティの強さ故に実に奇抜なのです。

いきなり舞台の中央に来たかと思えば持っていた高そうな皿を叩き割ってその割れ方で占うという人やティッシュを鼻の穴に詰めてそれを吹き飛ばした方向で占うという人もいました。
そしてその番組の企画が終わって今もなお予想の当たり外れに関する結果が報告されない所を見ると、この番組のプロデューサーは肝心なのは当たり外れではなくて占った過程を楽しむ事であるというのを視聴者に伝えたかったのではと考えられます。

電話占いが気になる方はこちらへご来訪下さい。

よくよく考えて見れば未来を予想するという点では課題を限定されているかいないかというのと予想に用いるものが違うだけであらゆるジャンルの評論家も占い師も変わらないのです。


そういう意味では数年前にテレビ番組においてガソリンの値上げがどのくらい行くかというのを数々の経済評論家に予想させたものの、その後のニュースから全員が実際とはかけ離れた予想をしていたという事実は前述の占い師を集めた企画をもう一度見てるかのようなデジャブをもたらしてくれました。
ですから占い師を目指す方も当たらないからといって自分には才能が無いというようには考えない事を心掛けて欲しいです。
そして占ってもらう人も当たり外れの為にお金を払っているのでは無いと考えるように心掛けて欲しいです。

それが先人に対する何よりの供養になるのです。